エトワールのお客様満足度 クチコミ 全員5つ星

エトワールのカウンセリングを受けてくださったお客様でわざわざお名前やニックネームを公表してクチコミを書いてくださった方全員が後ほどクチコミを書いて下さいました!

カウンセリングやメンタルクリニック関係ではクチコミはなかなか書いていただけないものです。

また、こちらでお客様の声を編集して載せることができないのがGoogleのクチコミです。

それでもエトワールのカウンセリングはクチコミを頂いた上に全員が五つ星です。

 

リピート率

連続して受ける必要がある場合、リピート率は86%です。

その中には一年ぶりの方、最初のカウンセリングから連続される方もいます。

問題解決率

何をもって問題解決ととらえるかによりますが、一回のカウンセリングで解決された方、根が深くなかなか抜け出せなかった方で3ヶ月~12ヶ月通っていただいて解決された方など様々です。

 

エトワールの特徴

① あなたの話を否定せずに寄り添ってお聴きします(傾聴)。
あなたの中で何が起こっているのかを推論しながらお聴きします。
質問をすることがあります。
上手に話そうとする必要はなく、感覚で今思っていることをお話しいただきます。
とにかく話し切って頂きます。

②お話しいただいたことを整理させていただきます。

③お話頂いたことを模造紙などに書いて頂き、悩みを見える化していきます。
(頭の中にあることを書きだすと安心しリラックスします。それはセロトニンというホルモンが分泌されるからです)

④書いたことを読み上げ、その時浮かんできたことをさらに書き加えて読み上げます。
(声を出して自分の耳で聞くことでご自身が何を思い考えてきたのかをより深く知ることができます)

⑤見える化しきったところで、たくさん出てきた言葉をすくいとり、分析していきます。
 
⑥あなたを苦しめていた前提となる言葉が明らかになります。
 
⑦ネガティブな自分に名前をつけてどういう時にその自分が表れるのかが分かるようにします
 
⑧あなたを苦しめていた前提の言葉をポジティブな言葉に書き換えていきます。
 
⑨ポジティブな言葉をもっている自分に名前をつけて、ネガティブな自分が何かのきっかけで顔を出したらポジティブな自分をイメージしてコントロールできるようにします。

 

なぜ名前をつけるのか?

脳は名前がないものは存在していないことになるため意識的に使うことができない。

相談事例)親との距離感と関わり

現在同居中。離れて暮らしたいが親から「あなたにはできっこない」と言われてしまう。
↓ ↓ ↓ ↓
すでに働いていて大人の自分はもう自分で決定できる。あとは行動するため、

「できない自分」→弱虫○ちゃん
バリバリ働いている大人の自分→スーパー◎ちゃん

という風に。

親から否定されたときに、スーパー◎ちゃんをイメージさせ存在を強く意識する。

 

田代裕貴のカウンセリングはなぜクチコミと紹介で選ばれるのか

近隣のカウンセリングサロンに比べて高めの金額設定だなと思われるかもしれません。

それでも、ご紹介で来てくださることが多いのはなぜでしょうか?

安いカウンセリングは結果もそこそこ出ていることもあると思います。

しかし、田代裕貴のカウンセリングは21世紀の脳科学をベースにし、クライアントを苦しめる思考パターンや考え方の癖、将来のイメージを生みだす言葉を探し出します。

それは例えば「自分には価値がない」「こんな自分にはやりとげる資格がない」「きっとうまくいかない」というネガティブな言葉です。

うわべだけ「頑張ろう」「気にしないでとにかくやることをやる」というその場しのぎのコーチングスキルや過去を掘り出して原因を見つけて癒し、「あなたはすでにがんばっています」というだけで、人が行動し、ビジネスや人生を加速できるのは、ほんの一時的にすぎません。

中にはただ「うん、うん」と話を聞く傾聴だけのカウンセリングに1万円というところもあることでしょう。

行動に結びつけ、人生を改革するために、またビジネスを加速させるためにはそれ以上のことが必要と考えています。

それは19世紀、20世紀のまだ未熟な心理学や、AIが導入される昨今はもう追いつかないと思っています。

私の行うカウンセリング、コーチング、コンサルティングは言葉に対する影響を変化させ脳内の伝達物質のホルモンのバランスをコントロールしつつ記憶を少しずつ変えていく方法を主に使います。

そこに心理学的な気づきが深まり、自ら行動を変化させようという強い意欲がわいてきます。

結果として望ましい状態に行動でき、そこに自身がつくので効果が期待できるのです。

 

カウンセラーが増えた今

これまで各省庁の受託業務を通じて私が痛感するのは、カウンセリングやメンタルトレーニング、コーチングのスキルのばらつきです。

悩みの内容によって𠮟咤激励系が必要なコーチング系統のときもあれば、ある程度自己肯定感がありスランプで気持ちが落ち込んでいるならメンタルトレーニング、そして、本来の自分を見失ってしまったら元に戻れるようにサポートするのがカウンセリングです。

そしてコーチング、カウンセリング、メンタルトレーニングは自分の中に自分の答えがある、という考えに基づきます。

コンサルタントはもう少し指導・アドバイスなど教育的な要素が入りますが、多くはクライエントの中に答えがあり、その人の知識や経験を補うためにアドバイスをするのがコンサルタントと言えるでしょう。

その方法もかなりばらつきがあります。

ばらつきがあると発生する問題が、金額とそれに見合った結果だと思います。

例えば、他のカウンセリングを受けてから私のところに来られた方たちの話の中には、カウンセラー(セラピスト)がクライアントを故意に依存させて心の成長のないまま、また来るように言い続けていたり、以前のカウンセラーが倫理に反しているようなことを平気で行っていたりクライアントを“できない人”と扱い、苦しめているという話を耳にします。

そして私のところに来られてもう一度取り組み直していらっしゃる方も多いのです。

国家資格ではないカウンセリングだからこそカウンセラーの実績やトレーニングの時間、倫理教育やもっと上のカウンセラーやコーチ、コンサルタントからの指導を定期的に受けているかが良い対人支援をするカウンセラー、コーチ、コンサルタントを選ぶ上で助けになります。

まとめますと下記の通りです。(カウンセラーという表現にしましたが、コーチング、メンタルトレーニング、コンサルタントもすべて同じです)

①信頼できるところで資格を取得している(座学も450時間以上受けている)
②座学だけではなく実践トレーニングの現場で少なくとも300時間以上の経験を積んでいる
③クライエントととの距離感や個人的関わりに対する倫理教育を定期的に受けている
④カウンセラー自身が、別のカウンセラーのカウンセリングを受けている(最低150時間以上)
⑤スーパーバイザーのスーパービジョンを受けている(経験あるカウンセラーからアドバイスを受けている)
⑥カウンセラー保険に入っている

①から⑤までは最低でも果たしているかどうかを確認されると良いでしょう。

 

更新日:

Copyright© SNSコミュニケーション活用法  , 2020 All Rights Reserved.